White Structure

マーケティングトレンド情報

~これだけは知っておこう!~

マーケティングトレンド情報(第6回)

ニューノーマル時代を意識したアプローチ

 ニューノーマル時代は初めてではなく、バブル崩壊時代・リーマンショック時代を含めると3回目のニューノーマル時代とも言えるが、小売業界ではデリバリー革命(オンラインと物流など)・ビジネスモデル革命(サブスクなど)・店舗スペース革命(フルフィルメントハブなど)・店舗デザイン革命(オンライン店舗融合・ソーシャルディスタンス・AR&VRなど)・パーソナル革命(ビデオ通話など)と販売モデル・商品サービスの変化が起きている。

 住宅業界では、住まい価値総合研究所が、住まいのニューノーマルとして、ウイルスを持ち込まないエリア設定・換気徹底・抗菌抗ウイルスアイテム活用・在宅ワーク空間作りをニューノーマルな暮らし実現のポイントとしている。

ミサワホームの場合は、3つのニューノーマルデザインを提案(STAY DESIGN・MY DESIGN・LIFE DESIGN)。STAY DESIGNは、安心快適の家への取り組みで、フォーカス(仕事に集中)・スイッチ(家族とのつながり)・リチャージ(頭の整理ひらめき)のワークスタイルメソッド。MY DESIGNは、基本プランのアレンジで在宅ワーク空間追加やキッチンの移動などのカスタマイズ性。LIFE DESIGNは、3つの安心保障をテーマにミサワホームのニューノーマルを具体的に提案している。

ニューノーマル時代への意識調査では住環境研究所が、今後の住宅取得の主役となる20代の住まい方に対する意識調査で、新しい暮らしでは「技術的最先端の暮らし」「職住一致」への関心、従来からある暮らしでは「エコな暮らし」「二世帯居住」、暮らした居場所では「郊外」に関心大が他世代より高いポイントを出している。積水化学工業・住宅カンパニーの調査研究機関㈱住環境研究所の「ニューノーマルの時代の住まい方に対する意識調査」概要は、以下のWebアドレスでご覧いただけます。

ニューノーマルの時代の住まい方に対する意識調査 (sekisui.co.jp)